スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンでお得 賢いカード&ガソリンスタンド選び

 日本エネルギー経済研究所石油情報センター調べ(2008年9月現在)によると、全国平均のレギュラーガソリン小売単価は、176.2円。180円台からは少し下がったものの依然として高値だ。そこで少しでもガソリン代を浮かせたいと思ったら、カードによる支払いが絶対お得。

 「出光カード(ね~びきコース)は、カード利用額で翌々月にガソリン値引額が決定するが、なんと最大で30円引きされる。50リットル給油したときの差額は1500円だ。

 また「JCBドライバーズプラスカード」は、1ヶ月のカード利用額に応じて還元率が決定し、翌月のガソリンスタンド(GS)、高速料金の利用分が最大30%キャッシュバックされる。

★ハイオクに強いカードが登場★
 昭和シェル石油の「シェルスターレックスカード」は、ハイオクが1リットルにつき最大10円の値引となる。カードの利用額によって還元単価は変わるが、普段からハイオクを利用している人には、とてもお得なカードだ。

 GS選びも、ガソリン代節約の大きなポイント。安いGSで給油したいなら、全国で最も安いGSがわかる「Carlife Navi」などのサイトを利用しよう。「e燃料」というモバイルサイトもあるので、外出先でとっさに探すことも可能だ。

 最寄のGSを探すのに便利なカーナビも、最近はポータブルのパイオニア「エアーナビ」など、ガソリン販売価格を表示してくれるものが登場。これなら効率よく、かつ安く給油できる。

 さて「安いGSは遠くても行くべき」という声を聞くが、あまり遠くては本末転倒。その損益分岐点となる距離の目安はどのぐらいだろう。

 例えば183円/リットルのA店というGSと、180円/リットルのB店というGSがあったとしよう。このとき50リットルのガソリンを給油すると、B店の方が150円得だ。これを距離に換算すると、車の燃費が15キロ/リットルなら、約12.5キロ。燃費が20キロ/リットルなら約16.6キロとなる。

 ただこれはあくまで理論値。燃費や給油量によっても異なるが、この条件の場合の目安は、A店からB店までの距離が往復10キロメートルを超えるなら、B店まで行く価値がないといえるだろう。

■主なガソリンカードの比較表
  gasorin_card.jpg


<参考サイト>
・出光カード
・シェルスターレックスカード
・ENEOSカード
・JCBドライバーズプラスカード
・JOMOカードプラス

スポンサーサイト

theme : 節約
genre : ライフ

ETCでお得③「知らねば損」の落とし穴

 高速道路の時間帯割引で、約50%という最大の割引率を誇る「通勤割引」と「早朝夜間割引」。通勤割引は午前6時~9時か午後5時~8時、早朝夜間割引は午後10時~翌6時の時間内にIC(インターチェンジ)の入口もしくは出口を通過すれば割引が適用される。

 だが、この2つの時間帯割引には、事前に把握しておかないと大損する落とし穴がある。ETC時間帯割引の基本ルールをここでおさらいしておこう。

 まずは走行距離。通勤割引も早朝夜間割引も、走行距離が100キロを超えた場合には割引が受けられないので注意が必要。

 例えば、午前10時に東京ICから高速道路に乗って同日午後11時に裾野ICで降りた場合、走行距離は約93キロ。通常料金が2750円のところ、この場合は早朝夜間割引が適用されて1400円になる。ところが、裾野ICの次のICである沼津ICで降りると、走行距離は約140キロ。この場合は早朝夜間割引の対象外となり、正規料金の3000円が請求されてしまう。たった11キロ長く走行しただけで、1600円も高くなってしまうのだ。

 早朝夜間割引、通勤割引をしようするときは、事前に100キロを超える地点を把握しておくことが必要。なお午前0時~4時まで距離制限なしで最大40%割引される「深夜割引」(2008年10月をめどに50%にあがる予定)もあるが、今後は休日昼間割引(土日祝9時~17時、5割引)といったサービスも開始される予定です。

ETChikaku.jpg

★ETC2枚利用は不正行為★
 実は、早朝夜間割引は、大都市近郊区域を利用しなければ割引は受けられない。一方、通勤割引には対象区間に制限はないももの、1日に午前1回、午後1回の計2回という回数制限がある。つまり、午前に100キロ手前で一度高速を降り、再度乗ったとしても、2回目の走行に通勤割引は適用されないのだ。

 ところが、ETCカードを2枚使い分けて通勤割引を同じ時間帯で2度使う不正な方法が、雑誌やインタネットで紹介されている。

 ETCカード会社に請求すれば、基本的に1人で何枚も保有することが可能。その制度を逆手にとって、午前中に2度の通勤割引を適用させることができるのだ。

 だが、これはETC割引の規約に反する明らかな不正行為である。東日本高速道路の広報室によると、「ETCの2枚利用は違反行為のため、不正が発覚すれば正規料金を請求します。過去にも請求例がありました」とのこと。 ETCカードの2枚利用という行為は違反行為にあたるので、くれぐれもしないようにしましょう。

theme : 節約
genre : ライフ

ETCでお得②ETCマイレージで通行料還元

 ETCを利用する事で、高速道路の料金は時間帯に応じて最大50%まで割引される。そうした効果から、ETC利用率は全国平均で7割を超えた。

 だが、ETCには時間帯『割引「の他にも、支払った通行料金に応じてポイントが付与され、貯まったポイントを通行料として還元できる「ETCマイレージ」というサービスがあることはあまり知られていない。ETCマイレージは通常、通行料金50円に対し1ポイントが付与される。100ポイント以上貯まると高速道路通行料金の割引料金として還元できる。
point.jpg
100ポイントを交換すると200円分の通行料となり、還元率は4%、還元率は獲得ポイントが増えるとより高くなる。最大の1000ポイントを交換すると、8000円分の通行料金割引を受けられる。なんと、ポイント還元率は最大で16%にもなるのだ。おまけに、ETCマイレージとクレジットカードのポイントシステムとは関係が無いため、ETCカードで支払った代金にはカード会社のポイントもちゃんと付与される。つまり「ETCマイレージカード+カード会社」というポイント2重獲得となるのだ。

 ちなみに、ETCマイレージの入会費・年会費は無料。入会も専用のサイトからか、もしくは書面に必要事項を記入するだけ。還元したい時は、希望するポイント数を専用サイトか専用電話で連絡して交換すればいい。

★獲得したポイントは使用期限に注意★
 となると、獲得したポイントが1000ポイントになるまではずっと我慢してポイントを温存しておきたいと思うのが人のサガ。だが、16%の還元率を適用するには、いくつかの条件がある。

 まず、ETCマイレージで獲得したポイントは、高速道路通行日の翌年度末で交換期限が切れてしまう。つまり、2007年4月に貯めたポイントも2008年3月に貯めたポイントも、2009年3月末で同時に消滅してしまうのだ。最長で約2年、最短では約1年、ポイントの交換期限は短いので注意したい。なお、ポイントは走行した月の翌20日に加算され、還元額を利用した場合の明細は、利用日の翌日中に照会可能です。

 また、首都高速など一部の高速道路・自動車専用道では、ポイントが付与されない。ETCマイレージに参加していても、異なる高速道路株式会社・公社間ではマイレージの共有ができず、各会社・公社間でのポイント合算はできない。ポイント交換時期までに1000ポイント貯められなければ、低い還元率でポイント交換しなければならないのが実情だ。

 とはいえ、高速道路を利用するドライバーにとって、ETCマイレージはリスクゼロのお得なサービス。まだETCを導入していない人は、ポイントを長く貯められるよう、時期を見計らって登録するのも一つの方法かもしれません。

theme : 節約
genre : ライフ

ETCでお得①『高速フリーパス』が断然お得

 最近のガソリン代高騰でその対応策として、注目されているのがETCです。各高速道路会社がETC搭載車向けに開始した「周遊プラン」や「フリーパス」などと呼ばれている画期的な割引サービスです。

 特定区間内の往復高速料金が大幅に割引され、その周辺エリア内なら自由にインターチェンジ(IC)を乗り降り出来るというもの。条件は「発着エリア内」で出発と到着をすることと「周遊エリア内」で乗り降りすればいい。

 NEXCO中日本の「速旅やまなし周遊ETCパス」(2日間)だと、高井戸IC-河口湖IC間の往復が普通車で通常5000円のところ、4300円に。その値段で勝沼ICへ行き、周辺でぶどう狩りやワイン工場見学を楽しんだり、小淵沢ICまで足を延ばして八ヶ岳を散策したりできるので凄いお得です。これが軽自動車だとさらに安い3600円だから言うこと無しです。

★高速道路会社ごとにお得なサービスが★
 NEXCO東日本の「ドラ割 仙台・宮城 遊遊フリーパス(首都圏発着型)」(3日間)では、川口JCT-平泉前沢IC間の往復が普通車で通常18000円のところが、9900円に。なんと約半額になる。

 なた、NEXCO西日本の「ぶらり中国道・山陰路 秋の週末フリーパス」(3日間)の場合は、宝塚IC-斐川IC間が、普通車で13100円のところを8000円で往復でき、5100円もお得になる。

 ETC③で紹介する、ETCの時間帯割引きを利用すると、こうした周遊プランより安く往復できることもある。ただし目的地が2つ以上ある1泊2日の旅や、時間にゆとりをもって出かけたいのんびり旅行には、周遊プランが絶対におすすめです。利用の際は、各高速道路会社のサイトや、提携する旅行会社から予約すればいい。エリアごとにほかのプランの多数用意されているので、高速道路を利用する際は要チェックです。

theme : 節約
genre : ライフ

節約詳細
カテゴリ
現在の閲覧者数
節約ブログランキング




※参考になりましたら、
応援「ぽち」っとお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップ
RSSリンクの表示
お得情報
スポンサー
スポンサー
ガソリン価格調査

gogo.gs
スポンサー
リンク
ソーシャルブックマーク
ネットサーフ
BOMBER EX

Orange Traffic

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。