スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンでお得 賢いカード&ガソリンスタンド選び

 日本エネルギー経済研究所石油情報センター調べ(2008年9月現在)によると、全国平均のレギュラーガソリン小売単価は、176.2円。180円台からは少し下がったものの依然として高値だ。そこで少しでもガソリン代を浮かせたいと思ったら、カードによる支払いが絶対お得。

 「出光カード(ね~びきコース)は、カード利用額で翌々月にガソリン値引額が決定するが、なんと最大で30円引きされる。50リットル給油したときの差額は1500円だ。

 また「JCBドライバーズプラスカード」は、1ヶ月のカード利用額に応じて還元率が決定し、翌月のガソリンスタンド(GS)、高速料金の利用分が最大30%キャッシュバックされる。

★ハイオクに強いカードが登場★
 昭和シェル石油の「シェルスターレックスカード」は、ハイオクが1リットルにつき最大10円の値引となる。カードの利用額によって還元単価は変わるが、普段からハイオクを利用している人には、とてもお得なカードだ。

 GS選びも、ガソリン代節約の大きなポイント。安いGSで給油したいなら、全国で最も安いGSがわかる「Carlife Navi」などのサイトを利用しよう。「e燃料」というモバイルサイトもあるので、外出先でとっさに探すことも可能だ。

 最寄のGSを探すのに便利なカーナビも、最近はポータブルのパイオニア「エアーナビ」など、ガソリン販売価格を表示してくれるものが登場。これなら効率よく、かつ安く給油できる。

 さて「安いGSは遠くても行くべき」という声を聞くが、あまり遠くては本末転倒。その損益分岐点となる距離の目安はどのぐらいだろう。

 例えば183円/リットルのA店というGSと、180円/リットルのB店というGSがあったとしよう。このとき50リットルのガソリンを給油すると、B店の方が150円得だ。これを距離に換算すると、車の燃費が15キロ/リットルなら、約12.5キロ。燃費が20キロ/リットルなら約16.6キロとなる。

 ただこれはあくまで理論値。燃費や給油量によっても異なるが、この条件の場合の目安は、A店からB店までの距離が往復10キロメートルを超えるなら、B店まで行く価値がないといえるだろう。

■主なガソリンカードの比較表
  gasorin_card.jpg


<参考サイト>
・出光カード
・シェルスターレックスカード
・ENEOSカード
・JCBドライバーズプラスカード
・JOMOカードプラス

theme : 節約
genre : ライフ

comment

Secret

節約詳細
カテゴリ
現在の閲覧者数
節約ブログランキング




※参考になりましたら、
応援「ぽち」っとお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップ
RSSリンクの表示
お得情報
スポンサー
スポンサー
ガソリン価格調査

gogo.gs
スポンサー
リンク
ソーシャルブックマーク
ネットサーフ
BOMBER EX

Orange Traffic

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。